Original

AIによるコンテンツ自動選択機能を実装

WEBコンサルティング会社の株式会社ユニソンプラネット(以下 ユニソンプラネット)は、同社のWEBマーケティングツール「A-BiSU」に、ホームページ上で表示するコンテンツを集客や問い合わせが最も多くなるように、AIを利用して自動的に選択する機能を実装します。新機能は本年4月から発売を開始し、6月にリリースする予定です。

利用者がホームページのトップページにアクセスした際に、どのようなコンテンツが最も集客や問い合わせを増やすかを試すために、複数のコンテンツを順番に表示させて調べる方法はABテストと呼ばれます。通常のABテストでは複数のコンテンツを一定期間、順番に表示し、結果を比較して最適なコンテンツを決定します。

今回、A-BiSUが採用した方法は、AIのバンディットアルゴリズムと呼ばれ、複数のコンテンツを検証中に、その時点で一番効果の高いと思われるコンテンツを出す頻度を上げていくことにより、ABテスト終了を待たずに、より効果の高いコンテンツを採用します。これにより、効果の低いコンテンツ表示中の機会損失を最小限に抑えて、最適なコンテンツをより素早く選択できます。

 

AI 自動選別

 

A-BiSUは、利用者のニーズに合ったコンテンツをAIを駆使して自動的に表示するレコメンドエンジンを搭載したオールインワンのWEBマーケティングツールです。利用者の行動履歴を基に関心や嗜好性を分析し、その利用者にとって必要な記事やコンテンツを表示したり、似たような閲覧を行う利用者の行動を分析し、よく見る記事を紹介する事などを通じて利用者に役に立つコンテンツをダイナミックに提供できることを特長としています。2017年8月に発表以来、導入ライセンス数は既に100を超えており、美容院、理容院、歯科医院、クリニック、整骨院などのお客様に広く採用されています。

今回のコンテンツ自動選択機能により、AIを活用したWEBマーケティングツールとしてますます進化していきます。

「A-BiSU」製品ページ:http://www.unison-planet.com/top_abisu

アイピア 代表取締役 Q

アイピア 代表取締役 Q

株式会社アイピア 代表取締役。 自社開発・販売を行うIT企業に10年ほど勤務。 様々な経営者に直接悩みを伺い、解決方法としてシステムを提案する営業担当、 マーケティング担当などを経て経営幹部も経験。 ビジョンや中長期経営計画の策定などにも従事。 現在は、それらの経験を経て独立。 趣味は野球、ロードバイク。

まずは体験してみてください。

驚きの使いやすさを実現したERP

一つでも当てはまる方は是非お試しください
・システムを導入しているが、使いこなせず結局前のやり方でやっている
・システムを使うと何が良くなるのか分からない
・営業の進捗管理、見積管理をしたい
・まだ
Excelベースで管理をしている
・お客様からのクレームを事前に予防したい
・重複入力が発生している
・外出先でも顧客情報や案件情報を確認したい
・営業業務と経理業務の連携を効率的にしたい
SFA 営業が入力したくなる
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク

人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧