Original

マニュアル検索ツール『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入

株式会社サイシードはコールセンター向けのナレッジ検索システムである『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入致しました。
『ヒアリングストーリー』は、お客様の情報によって回答が分岐するような問い合わせ内容に対して、AIがオペレーターにヒアリングすべき項目を提案する機能です。
オペレーターは回答に必要な情報を漏れなく聞き出せることで、正確な回答をすることが出来たり、社内他部署への確認の際にお客様に不足している情報を聞く二度手間を防ぐことが出来ます。

 

■開発背景
『AI FAQ Supporter』をお使いになっている企業様から、以下2つのご指摘を頂きました。

1.質問によっては、お客様ごとに回答内容が異なってくる

2.他部署に確認する場合に、必要なお客様情報を漏れなく聞くことができず二度手間になる

これらの要望を踏まえ、新機能『ヒアリングストーリー』を開発いたしました。

■機能詳細

AI マニュアル

 

『ヒアリングストーリー』はAI FAQ Supporterで提示された回答内容に、ヒアリング項目とヒアリング内容に応じた回答分岐を付けられる機能です。
AIがオペレーターを導いてお客様に確認すべき事項を教えてくれるので、ヒアリング漏れや回答間違いを防ぐことが出来ます。
例えば、お客様から「エアコンの修理費用の見積りをしてほしい」と問い合わせが来たとします。

オペレーターがAI FAQ Supporterから該当の回答文を選択するところはこれまでと同じです。

すると画面の右側に、お客様にヒアリングすべき質問事項一覧と、お客様の回答の選択肢が出てきます。ここでは「エアコンの型番」を聞き、「Aaa111」をクリックします。

次に聞くべき「故障内容」が表示されるので、これを繰り返していきます。

全ての回答を選択し終わると、オペレーターが伝えるべき適切な回答が現れます。


オペレーターのエスカレを削減することで、業務効率を大幅に改善することが可能です。
詳しくはこちらをご確認ください。
http://ai-chat-supporter.com/ai_faq_supporter/faq_addition/hearing_story/


サイシードは、AIを使って企業と顧客のコミュニケーションを円滑にする方法を提案する企業です。
自社開発のAI「KC」を用いた『AI Chat Supporter』『AI FAQ Supporter』などの、"実際に使える"AIサービスを提供しています。

アイピア 代表取締役 Q

アイピア 代表取締役 Q

株式会社アイピア 代表取締役。 自社開発・販売を行うIT企業に10年ほど勤務。 様々な経営者に直接悩みを伺い、解決方法としてシステムを提案する営業担当、 マーケティング担当などを経て経営幹部も経験。 ビジョンや中長期経営計画の策定などにも従事。 現在は、それらの経験を経て独立。 趣味は野球、ロードバイク。

まずは体験してみてください。

驚きの使いやすさを実現したERP

一つでも当てはまる方は是非お試しください
・システムを導入しているが、使いこなせず結局前のやり方でやっている
・システムを使うと何が良くなるのか分からない
・営業の進捗管理、見積管理をしたい
・まだ
Excelベースで管理をしている
・お客様からのクレームを事前に予防したい
・重複入力が発生している
・外出先でも顧客情報や案件情報を確認したい
・営業業務と経理業務の連携を効率的にしたい
SFA 営業が入力したくなる
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク

人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧