ニュース

マニュアル検索ツール『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入

マニュアル検索ツール『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入

株式会社サイシードはコールセンター向けのナレッジ検索システムである『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入致しました。
『ヒアリングストーリー』は、お客様の情報によって回答が分岐するような問い合わせ内容に対して、AIがオペレーターにヒアリングすべき項目を提案する機能です。
オペレーターは回答に必要な情報を漏れなく聞き出せることで、正確な回答をすることが出来たり、社内他部署への確認の際にお客様に不足している情報を聞く二度手間を防ぐことが出来ます。

 

■開発背景
『AI FAQ Supporter』をお使いになっている企業様から、以下2つのご指摘を頂きました。

1.質問によっては、お客様ごとに回答内容が異なってくる

2.他部署に確認する場合に、必要なお客様情報を漏れなく聞くことができず二度手間になる

これらの要望を踏まえ、新機能『ヒアリングストーリー』を開発いたしました。

■機能詳細

マニュアル検索ツール『AI FAQ Supporter』に新機能『ヒアリングストーリー』を導入

 

『ヒアリングストーリー』はAI FAQ Supporterで提示された回答内容に、ヒアリング項目とヒアリング内容に応じた回答分岐を付けられる機能です。
AIがオペレーターを導いてお客様に確認すべき事項を教えてくれるので、ヒアリング漏れや回答間違いを防ぐことが出来ます。
例えば、お客様から「エアコンの修理費用の見積りをしてほしい」と問い合わせが来たとします。

オペレーターがAI FAQ Supporterから該当の回答文を選択するところはこれまでと同じです。

すると画面の右側に、お客様にヒアリングすべき質問事項一覧と、お客様の回答の選択肢が出てきます。ここでは「エアコンの型番」を聞き、「Aaa111」をクリックします。

次に聞くべき「故障内容」が表示されるので、これを繰り返していきます。

全ての回答を選択し終わると、オペレーターが伝えるべき適切な回答が現れます。

オペレーターのエスカレを削減することで、業務効率を大幅に改善することが可能です。
詳しくはこちらをご確認ください。
http://ai-chat-supporter.com/ai_faq_supporter/faq_addition/hearing_story/

サイシードは、AIを使って企業と顧客のコミュニケーションを円滑にする方法を提案する企業です。
自社開発のAI「KC」を用いた『AI Chat Supporter』『AI FAQ Supporter』などの、”実際に使える”AIサービスを提供しています。

関連記事

  1. 店頭販促用ツール「マルチSlimPOP4_3LCD」発売開始
  2. トヨタ式生産方法を家事に取り込もう!「KAJISUKI」リリースいたしました。 トヨタ式生産方法を家事に取り込もう!「KAJISUKI」リリース…
  3. HS105|リモートアクセスと音声コントロールに対応したWi-Fiプラグ販売 HS105|リモートアクセスと音声コントロールに対応したWi-F…
  4. 質疑応答を動画でリアルタイムに行える、まったく新しいウェビナーツール 質疑応答を動画でリアルタイムに行える、まったく新しいウェビナーツ…
  5. RPAプラットフォーム|テクノスジャパンがUiPathの導入サービス開始 RPAプラットフォーム|テクノスジャパンがUiPathの導入サー…
  6. 「ICT×ヘルスケア~成長する健康・医療・福祉関連サービス分野への参入~」 「ICT×ヘルスケア~成長する健康・医療・福祉関連サービス分野へ…
  7. GMOアドマーケティング:インフィード広告特化型アドネットワークサービス「AkaNe byGMO」 GMOアドマーケティング:インフィード広告特化型アドネットワーク…
  8. AIを活用してレストラン・カフェの空席状況が分かる「VACAN」本格導入開始 AIを活用してレストラン・カフェの空席状況が分かる「VACAN」…

ピックアップ記事

  1. ホームページ制作
PAGE TOP