Original

ECRSで業務改善!AippearNetの活用事例をご紹介!

 

私が経営者になろうと考えるようになったきっかけの一つに、うつ病の患者の多さに驚いたことがあります。うつ病の有病率は6.5%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています。

※平成14年に厚生労働省が行った調査より

 

このような環境をまずは、周りの人(お客様・取引先・従業員・友人・家族)だけでも、

変えたいという気持ちから

『仕事を楽しみ、成果をあげ、周りの人を豊かにする』をミッションとし、仕事に励んでいます。

そのミッションを達成するためには、業務改善は絶対に必要です。

それだけ、重要な業務改善の考え方の ECRS(イクルス)の原則について解説します。

 

目次
 

 1.「ECRS(イクルス)の原則」とは

 2.AippearNetでのECRS(イクルス)活用事例

 3.まとめ

 4.関連記事

 

 

「ECRS(イクルス)の原則」とは

 

E=Eliminate(取り除く)、C=Combine(繋がる)、R=Rearrange(組み替える)、S=Simplify(簡素にする)の頭文字を取ったものです。

ECRSの原則は、製造業の現場での業務効率化の際に、活用される事が多いのですが、

その考え方は、他の業種でも適用するこができます。 

 

それでは、弊社(AippperNet)がECRS(イクルス)を活用した際の内容をご紹介致します。

ECRS

 

AippearNetでのECRS(イクルス)活用事例

【ECRS】E:Eliminate(取り除く)

・弊社では、日報を社員に送らせていましたが、ほとんど活用されていなかったため、

日報制度を無くし、週に1度のミーティングの中で報告会をするように変更しました。

※但し、弊社のシステム、アイピアの勤怠管理機能のメンタルヘルス機能より、

社員の体調を管理しています

 

・ 不要なPC内でのファイル、紙ベースの資料などは、すぐに捨てるように従業員に徹底させています。

これを実施することで、物理的なスペースが増え、資料の検索スピードも劇的に改善されました。

 

・ミーティングの議事録 を打合せ中に共有し、会議を進めることで、

議事録のチェック作業を取り除きました。

こちらは、参加者の認識のズレを無くすこともできます。

 

【ECRS】C:Combine(繋げる)

・月に2回の全体でのMTを行っていましたが、ほとんど同じ内容だったため、

月に1度にミーティングをまとめました

その間での報告事項は、社内共有ツール・メールにて連絡するようにしています。

社内共有ツールでは、既読機能が付いている Lineビジネスを利用しています。

 

・タスク管理が、報告用と、自己管理用で2重に登録していた為、自己管理用のタスクを

報告用とし、1つにまとめる事で無駄な作業を取り除きました。

 

【ECRS】R:Rearrange(組み替える)

・毎日、HPのアクセス数をエクセルにまとめていましたが、自動で取得するように変更することで、

業務効率をUPさせました。

※エクセルにまとめている理由としては、アクション管理を行うためです。

新しい記事の公開、プレリリース後などにアクセス数が増えているかを管理しています。

 

・商品の、品質向上のため、自動でチェックできる仕組みを取り入れました。

人の目で見るよりも正確なチェックを行うことができます。

また、今まで通りの人の目のチェックも行っているため、作業時間は変わっていませんが、

品質は確実に向上させることができています。

 

【ECRS】S:Simplify(簡素にする)

・管理システムを導入し、社内の情報を一元管理(タスク情報、案件情報、見積情報など)し、

見える化することで、業務の改善点、無駄を発見しやすくしました。

 

・こちらは、少しずれるかもしれませんが、コンテンツマーケティングを始める際に、

自社で調査し、作業するよりも、コンサルティングサービスを導入する方が、コストパフォーマンスが

良いと判断し、導入しました。

その結果、AippearNetはトップクラスの集客率UPの評価を頂くことができました。

 

まとめ

 

経営において、業務改善は必須事項です。

私は、常に意識できるようにPDCAシートを作成し、毎週、必ずチェックするようにしています。

新しい気づきが毎週発見できるため、仕事へのモチベーションの向上にも繋がっています。

週に1度のチェックは大変かもしれませんが、定期的に改善内容の確認をしてみては、

如何でしょうか?

その際は、是非、「ECRS(イクルス)の原則」を試して見てください。

 

関連記事

PDCAサイクルで業務を効率的に回す方法と具体例

【属人化】長期的に見るとリスクがある業務のやり方の原因と対策方法

働き方改革とは?イチから学ぶ必要になった背景と施策内容

【業務効率化の取り組み】企業の生産性を上げる5つの方法

【業務改善 事例】経営者が知っておくべき改善事例

 

アイピア 取締役 S

アイピア 取締役 S

株式会社アイピア 取締役 10年に渡ってシステム会社の技術者として従事。 「お客様の望みを叶えるだけでなく、お客様を導けるシステムを作りたい」 という想いで独立。 IT・システム開発のプロフェッショナルとして 最新技術の観点から情報提供をしていきます。 趣味は漫画、アニメ、サッカー。 とくにサッカーは幼少期から続けていて、ポジションはフォワード。

まずは体験してみてください。

驚きの使いやすさを実現したERP

一つでも当てはまる方は是非お試しください
・システムを導入しているが、使いこなせず結局前のやり方でやっている
・システムを使うと何が良くなるのか分からない
・営業の進捗管理、見積管理をしたい
・まだ
Excelベースで管理をしている
・お客様からのクレームを事前に予防したい
・重複入力が発生している
・外出先でも顧客情報や案件情報を確認したい
・営業業務と経理業務の連携を効率的にしたい
SFA 営業が入力したくなる
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク

人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧