Original

Google AdwordsがGoogle広告へ!変化による影響は?

2018年7月24日、Googleが提供する企業向け広告サービス群が一斉に整理され、名称が変更されることになりました。それに伴い、Google Adwordsは「Google広告」と名称を変更します。


他にも様々な変更がありますが、広告主にとってまず気になるところは


「Google AdwordsがGoogle広告になることで、広告出稿に何か影響があるのか?」


という点ですよね。

今回はGoogleが7月24日に行う変更と、その影響について解説します。


【注目記事】

お問合せ件数5倍!IT嫌いのリフォーム会社が3か月でコンテンツマーケティングに成功した理由とは?

純利益6%アップ!案件管理の手間を解消、「気付くと情報が蓄積されている」手軽システムの正体とは?

【目次】


新しいサービスとは?どんな影響がある?

そもそもGoogle Adwordsとは、Googleが提供していた広告サービスのことです。


入札を行うことで、Googleの検索結果やGoogleと提携するWebサイト(GoogleマップやYoutubeなど)に広告出稿を行うことができます。


今のところ、Google広告は名称以外はGoogle Adwordsから特に仕様変更があるわけではないようです。既にGoogle Adwordsで出稿している広告の掲載状況やレポートにも影響はありません。


それどころか、当面の間は管理画面もブランドロゴの変更くらいえ操作方法も既存のままのようです。


【参考】


そのほかの変更点

今回の変更点はこれだけではありません。Googleの広告関連サービスのいくつかが統合され、より使いやすい形になって新登場します。


Google マーケティング プラットフォーム

Googleマーケティングプラットフォームは、従来のGoogleアナリティクス360スイートとDoubleCrick社のダブルクリック広告が統合されたものです。


サービス詳細は不明ですが、以下のような既存サービスを統合していく予定だそうです。Google Analyticsの持つ分析力を広告主向けによりブラッシュアップし、買い付け・データ分析・最適化ような方向性になりそうですね。


Googleマーケティングプラットフォームに統合される既存サービス

  • Googleアナリティクス360スイート関連
  • Googleアナリティクス関連
    • アナリティクス
    • タグマネージャ
    • オプティマイズ
    • データスタジオ
  • Google Audience Center 360
  • DoubleClick Campaign Manager
  • DoubleClick Bid Manager
  • DoubleClick Creative Solutions
  • DoubleClick Search


Google アド マネージャ

こちらは、DoubleCrick社が提供してきたメディア向けの広告掲載サービス群を統合するもので、広告主向けというよりはメディア向けの統合サービスになりそうです。


詳細は不明ですが、メディアと広告主がコラボレーションして行う広告キャンペーンが実施できるようなサービスも実装される予定です。


Googleアドマネージャーに統合される既存サービス

  • DoubleClick for Publishers
  • DoubleClick Ad Exchange


DoubleClick社は1996年に設立されメディア向けのディスプレイ広告などを実施してきた企業ですが、今回のサービス統合によって、DoubleClickの名は事実上消えてしまうことになります。


ちなみに、今回のサービス統合にGoogle AdSenseは含まれずにサービス提供も引き続き行われます


Google広告について詳しく知るには?

Google広告は7月24日変更ということもあり、まだまだ詳細情報が出ていません。当面はGoogle AdWordsと変わらない仕様で使っていけるということなので、Google AdWordsをより知ることがで、Google広告へもある程度対応できるでしょう。


Google AdWordsを詳しく知るには、Google AdWords認定試験を受験するのが1番です。


Google アドワーズ認定資格とは、Google アドワーズの活用習熟度を図ることのできる資格試験です。同じくGoogleが実施しているGAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)と同じようにGoogleパートナーなら誰でも無料で受けることができ、教材や学習ガイドも無料配布されています。



関連記事

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格の難易度は?

GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)の難易度と対策を解説

アイピア 取締役 T

アイピア 取締役 T

株式会社アイピア 取締役。 某高等教育機関での勤務を経て、システム会社に勤務。 営業担当、マーケティング業務を経て独立。 現在は独自のマーケティング理論を武器に、コンサルティング業務を中心に活動中。

会社経営や業務改善などの不安をご相談ください。



「忙しくしてはいるが、会社が儲かっているのかイマイチ分からない」
「社員教育や効率化など、もっと見える形で改善していきたい」
「利益を増やしたい」
「漠然とした不安がある」

 など、なんでも結構です。
 当サイトのメールフォームからお問い合わせいただけば、
 弊社担当者より折り返しご連絡いたします。
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク


人気記事ランキング
最新ニュース
タグ一覧