Original

クラウドERPを検討している方必見!導入のメリット・デメリット一覧

ERPパッケージは企業の全体最適化を目的として大手企業はもちろんのこと、中小企業でも多くの企業の導入が進んでいます。最近では特にクラウド型のERPが注目されています。

という事で、この記事では、クラウドERPのメリット・デメリットを網羅的にまとめました。

 

ERPの概要と導入を失敗しない方法について気になる方はこちらからご確認ください。

ERP メリット デメリット       ERP 導入失敗

【これだけ知っていればOK】今さら聞けないERPとは                                ERPの導入失敗|多くの企業が間違っているERPの導入方法とは?

 

メリット

情報の一元管理ができる

 顧客情報が一元で管理ができる

 案件情報が一元で管理ができる

 請求・入金が一元で管理ができる

業務フローの一元管理ができる

 営業進捗が管理できる

 請求・入金の漏れが防止できる

システムが統合することによる業務効率の向上

 重複登録がなくなることで業務効率の向上

 確認作業や共有時間が削減できることで業務効率の向上

場所や時間にとらわれず入力ができる

 インターネット環境さえ整えば外出先でも閲覧・入力可能

迅速で正確な経営が可能になる

 BI(ビジネスインテリジェンス)機能で会社の状態をリアルタイムに把握

費用が抑えられる

 クラウドERPはオンプレミスERPより初期導入費やカスタマイズ費用を抑えることができる

情報資源の可視化

 ERPに入力することでデータ情報が社内で共有され可視化できる。

海外拠点への導入が容易になる

 グローバルERPと言われる外国産のERPであれば、海外拠点に導入してもすぐに日本と同じように使用することが可能

ビジネスの変化や法制度の変更への対応が容易になる

 カスタマイズのコストや開発期間がオンプレミスERPより安く・早い。法制度などはベンダーが無償対応してくれる場合もある。

成功企業の経営ノウハウを実践可能

 パッケージERPは成功している企業のノウハウをもとにバージョンアップをしているので、システムの仕組みをもとに企業を運営することで、成功している企業のノウハウが自然と活用することができる 

リアルタイムに必要な情報を得ることができる

 クラウドで管理するの為、入力したデータはリアルタイムに反映する

マスタの一元化による精度の高い情報管理ができる

 人によっての言い回しの違いや必須項目の設定によって漏れがなく精度が高い情報になる

経営資源の最適配分が可能になる

 企業活動に必要な範囲をカバーしているので、人・モノ・カネ・情報を共有することで、経営資源を把握することが切る

人為的ミス発生のリスクを抑えられる

 入力したデータは必要は箇所に自動で反映するので、転記が不要になる。また、閲覧権限や操作権限を設けることも可能

情報活用の促進

 情報の共有によって社内の状況・情報が見える化します。それに伴い情報活用を促進する

業務管理システム ERP SFA AI

デメリット

システム選定に時間がかかる

 多くのクラウドERPの中から自社にあったERPを選定する為、時間がかかる。

セキュリティに対する不安

 どのベンダーもセキュリティ対策をしているが、クラウドで管理すること自体に不安が残る

ライセンスおよび保守費用が比較的高い

 オンプレミスERPと比べると月額がかかってくるので、ずっと使い続けるとオンプレミスERPの高額な初期導入費用を上回ることもある

企業固有の業務がカバーされない可能性がある

 パッケージの為、ある程度は汎用性がある機能になっているため、企業固有の業務には対応できない場合がある。

従業員の意識改革と徹底したデータ管理が必要になる

 企業全体で取り組む必要があり、意識改革やデータの入力・管理は必須になってくる。

オフライン環境では利用できない

 クラウドシステムの為インターネットがつながっていないとみることができない。

カスタマイズが難しい場合がある

 オンプレミスERPに比べて、クラウドERPはプログラム上の問題で制限がある

他社システムとの連携性

 他社システムとの連携はベンダー次第になる

ベンダーのサービスレベルに依存する

 クラウドERPはパッケージの為、対応できるサービスはベンダーによって変わる。

現場職員の負担になる可能性がある

 システムが変わることで、操作方法や見方を覚える必要があったり、入力項目数や作業が増えることによって負担が増える場合がある。

データ管理をしっかりしなければ無駄になる

 データ管理をしない場合、データを入力するだけのシステムになる可能性がある。入力漏れがあったりするときちんとしたデータが取れなくなることもある

 

まとめ

ERP導入によるメリット・デメリットをまとめてみました。ERP導入は導入する目的をしっかり決めるこ都から始まります。

最後に、ERPを検討している方はERPの比較をしましたので、こちらよりご覧ください。

クラウドERP

アイピア 代表取締役 Q

アイピア 代表取締役 Q

株式会社アイピア 代表取締役。 自社開発・販売を行うIT企業に10年ほど勤務。 様々な経営者に直接悩みを伺い、解決方法としてシステムを提案する営業担当、 マーケティング担当などを経て経営幹部も経験。 ビジョンや中長期経営計画の策定などにも従事。 現在は、それらの経験を経て独立。 趣味は野球、ロードバイク。

会社経営や業務改善などの不安をご相談ください。



「忙しくしてはいるが、会社が儲かっているのかイマイチ分からない」
「社員教育や効率化など、もっと見える形で改善していきたい」
「利益を増やしたい」
「漠然とした不安がある」

 など、なんでも結構です。
 当サイトのメールフォームからお問い合わせいただけば、
 弊社担当者より折り返しご連絡いたします。
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク


人気記事ランキング
最新ニュース
タグ一覧