Original

世界の著名人が利用する新時代デジタルコミュニケーションアプリ「escapex(エスケープエックス)」が日本初上陸

 株式会社W TOKYOは、ニューヨークに本拠を置くescapex社が開発した、新時代デジタルコミュニケーションアプリ「escapex」の、日本における独占パートナー契約を締結し、日本での配信第一弾として、プロサッカー選手の本田圭佑(メキシコ・CFパチューカ所属)氏(以下、本田選手)が決定いたしました。
 escapexは、ソーシャルフィードを通してファンが楽しめる理想的な環境を提供する一方で、配信者(著名人)は広告収入だけでなく、新しい形態の収益化が見込めます。
 約3年間ですでに、ジェレミー・レナー、マーク・アンソニー、アグネス・モニカ、アシュレイ・ティスデイル、サニー・レオーネなど100名以上の世界のセレブが続々と参加し、現在急成長しています。
 革新的なスタートアップで収益を生み出し、ユーザーエンゲージメントと収益の最大化が実現できる、次世代のファン参加型コミュニティとなります。

 日本配信第一弾である本田選手のコンテンツとして、「メキシコで試合観戦、試合後に本田選手と会える権利」が決定。
※本人の体調や、所属クラブのスケジュールによって試合観戦ができない可能性がございます。
 尚、本田選手が得た収益は、2016年夏に訪問したインドネシアの孤児院へ寄付することを予定しています。
<アプリ検索方法>
「keisuke honda official app」で検索 https://smarturl.it/keisukehonda

【escapexサービス概要】

■API連携でソーシャルメディアを一本化することが可能
  escapexアプリで、多数のソーシャルメディアに存在するファンを1つに取りまとめ、ビジネス全体に動員。


■配信者のメリット
  ① 収益化できていなかったSNSを簡易に収益化することができる。
  ② 世界中のファンへアプローチすることができる。
  ③ ツアーやイベント内容、商品などの広報・宣伝が容易にできる。
  ④ 配信者からのコメントの返信により、配信者とファンの距離が縮まる。
  ⑤ ファンが配信者に認識してもらうことができる。
  ⑥ ファンフィード機能により、ファン同士の交流が活性化する。

 

■ファンのメリット
  ① 様々なSNSが一本化されることで、より使いやすくなる。
  ② オンライン上でファン同士の交流を活性化できる。
  ③ 配信者と実際に会ったり、交流したりできるスペシャル企画の提供。
  ④ コメントに対する返信により、配信者とファンの距離が縮まる。

 

■バーチャル通貨〝スーパースターズ“(※)について  ※アプリ内で流通する仮想通貨
  ユーザーがアプリをアクティブに使用して無料スターを獲得、または課金してスターを多く獲得することで、配信者やファンの間でより一層認識される。
  ① ファン同士でスターを与え合うことができる。
  ②アプリの滞在やコメントの投稿でスターを獲得することができる。

 

デジタルコミュニケーション 著名人 escapex

 

 

■株式会社W TOKYO 会社概要   

東京ガールズコレクションで培ったノウハウを武器に「女性」を軸として、自社オリジナルコンテンツとソリューションを掛け合わせ最旬で良質なソリューションを提供するコンテンツプロデュースカンパニー。
会社名     :株式会社 W TOKYO
設立    :2015年7月
所在地     :東京都渋谷区渋谷2-19-19 ワコー宮益坂ビル6F
代表者     :村上 範義
資本金     :50百万円
事業内容:TGC等イベントの企画・制作・運営事業、メディア事業、プロモーション事業など
U R L  : http://www.w-tokyo.co.jp/

アイピア 代表取締役 Q

アイピア 代表取締役 Q

株式会社アイピア 代表取締役。 自社開発・販売を行うIT企業に10年ほど勤務。 様々な経営者に直接悩みを伺い、解決方法としてシステムを提案する営業担当、 マーケティング担当などを経て経営幹部も経験。 ビジョンや中長期経営計画の策定などにも従事。 現在は、それらの経験を経て独立。 趣味は野球、ロードバイク。

まずは体験してみてください。

驚きの使いやすさを実現したERP

一つでも当てはまる方は是非お試しください
・システムを導入しているが、使いこなせず結局前のやり方でやっている
・システムを使うと何が良くなるのか分からない
・営業の進捗管理、見積管理をしたい
・まだ
Excelベースで管理をしている
・お客様からのクレームを事前に予防したい
・重複入力が発生している
・外出先でも顧客情報や案件情報を確認したい
・営業業務と経理業務の連携を効率的にしたい
SFA 営業が入力したくなる
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク

人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧