IT情報

業務管理システムとは?知っておきたい種類と業種特化について

業務管理システムとは?知っておきたい種類と業種特化について

業務管理システムを導入していますでしょうか?

最近、働き方改革の煽りを受けて、業務効率化や業務改善という言葉をよく聞くようになりました。多くの企業が様々な施策をしていますが、業務効率化や業務改善の効果が一番分かりやすいのがシステムを導入することです。

しかし、中小企業の場合、どういったシステムを導入すればよいのかわからないこともあると思いますので、この記事では、業務管理システムについてみていきます。

業務管理システムの種類やオススメの業務管理システムなどを紹介しておりますので、一緒に見ていきましょう。

属人化の原因を徹底分析!標準化と使い分けて、業務効率を数倍高める方法

業務管理システムとは

まずは、業務管理についてみていきましょう。

「業務管理」で調べると下記の説明が出てきます。

1 企業経営における特定業務が、効果的かつ能率的に遂行されることを確保するための管理活動。

2 ⇒生産管理

コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%AE%A1%E7%90%86-479010

 

業務の範囲は多岐に渡るため効果的かつ能率的に遂行するためには、システムを導入することが、必要不可欠です。

業務管理システムを検討している方はこのようなお悩みがあります。

該当する項目があるか見てみましょう。

  • 伝票発行・元帳転記・管理資料作成に時間がかかる。
  • 重複入力が多い。
  • 顧客情報が増えて管理が煩雑になってきた。
  • 計算や記入ミスが多い。
  • 過去の情報がすぐに出てこない。
  • 在庫、原価管理に手間がかかっている。
  • 受発注が紙ベースなので、紛失するのが怖い

多くの企業が同じような問題で悩んでいます。

しかし、システムの導入は「選別が大変」「社員が使いこなせるか不安」「費用が高い」など様々な不安がある為、

中小企業のシステム導入が進んでいないのが現状です。

業務管理システムの種類とは

業務管理システムと言っても様々な業務管理システムがあるのをご存知でしょうか?

機能として被っている範囲もありますが、まとめてみましたのでご覧ください。

業務種類 説明
会計管理システム 財務諸表を作るための日々の会計帳簿に取引を記録するシステム。
税務申告用システム 税務申告用の書類を作成するシステムで、会計データが必要です。会計管理システムと一体化している場合が多い。
販売管理システム 受注以降を管理するシステムで、受注・出荷・請求までの一連の販売活動を管理する。
SFA(セールスフォースオートメーション) 営業支援ツールと言われ、受注前の営業活動を中心に管理する。
CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント) 顧客管理のことで顧客ごとのランキングや顧客情報を広く保有する。メール配信機能やスコアリングなどの機能がある。
購買管理システム 仕入購買や外注依頼の実績を記録するシステム。
MRP(資材所要量計画) 部品構成表などとセットに、生産に必要な部品の種類や個数を自動算出し、自動発注などを行うシステム。
生産管理システム 工場内で生産するモノの、品質・コスト・納期を管理するシステム。
人事管理システム 従業員情報を管理するシステムで、給与計算・社会保険関連の計算などが可能。
SCM(サプライチェーンマネジメント) 仕入先や販売先などの企業間の在庫必要数などの情報共有をするシステム。
ERP(エンタープライズ リソース プランニング) 基幹業務管理システムのことで、会計や販売・購買・生産など基幹業務すべてを一元管理するシステム。

いかがでしょうか?思っていた以上の種類があると思いませんか?

各種類の業務管理システムがビルダーによってクラウド型のシステムとオンプレミス型のシステムを提供しているので、選別をするだけで疲れてしまいます。

業種別業務管理システムの種類とは

次は汎用型の業務システムと業種に特化した業務管理システムについてみてみましょう。汎用型の業務システムは様々な業種に対応できるように多くの機能や設定の豊富さやカスタマイズ性が高いのが特徴です。

しかし、その分業種特有の業務や機能はついていないことが多いです。

業種に特化した業務管理システムは業種を絞っている分、業種特有の業務や機能がついています。しかし汎用型の業務システムと比べると機能の数は少ない傾向にあります。その業種にとって不要な機能はついていない方が使いやすいためです。

汎用型か業種型を選ぶ際は、あなたの会社の商品・サービスが1業種なのか複数業種なのかで決めるとよいでしょう。

1業種に特化しているのでしたら、業務管理システムも特化型システムの方が使いやすいです。逆に、様々な商品・サービスをしているのでしたら汎用型の業務管理システムの方が、今やっている商品・サービスをまとめて管理することができるでしょう。

業種に特化したシステムがいくつかありましたので、その業種をご紹介いたします。

警備業

工事業

販売業

ホテル・旅館業

消防業

迷った時はこの業務管理システムにしよう

さて、様々な業務管理システムがあることは理解いただけたと思います。

では、どの業務システムを導入すれば良いでしょうか?

それは、クラウドERP(基幹業務管理システム)です。理由は業務管理システムの種類で紹介したすべての業務範囲を網羅しており、一元管理ができることと、クラウドで管理をするため、店舗間や出先でも閲覧・入力もできます。

さらに、費用面でも最近は数万円~数十万円で利用することができます。

クラウドERPの詳しい内容については下記に記載しておりますので、気になる方はご覧ください。

業務管理システムとは?知っておきたい種類と業種特化について

まとめ

多くの業務管理システムがあることに驚いたのではないでしょうか?それだけ、業務管理は重要であり管理に困っているという事です。

この記事でご紹介した業種はほんの一部になります。まだまだ業種に特化した業務管理システムがありますので、

自社の業種に特化した業務システムがあるか一度調べてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. ゲーミフィケーションとは?基本と実施方法 ゲーミフィケーションとは?基本と実施方法
  2. タスク管理方法の決定版!「Trello」でプロジェクト・タスクを管理しよう タスク管理方法の決定版!「Trello」でプロジェクト・タスクを…
  3. SFA(営業支援システム)39選徹底比較!価格・基本機能の早見表付き SFA(営業支援システム)39選徹底比較!価格・基本機能の早見表…
  4. 700名超のモデルを抱えるCoupe 人気ライバーやインスタグラマーと専属契約し、企業向けに提供可能に 700名超のモデルを抱えるCoupe 人気ライバーやインスタグラ…
  5. 脱Excel!わかりやすいマニュアル作成のポイントとツール 脱Excel!わかりやすいマニュアル作成のポイントとツール
  6. マーケティングオートメーションとは?中小企業のための選び方入門 マーケティングオートメーションとは?中小企業のための選び方入門
  7. 【生産性向上とは?】ITを取り入れた対策 お勧め3選 【生産性向上とは?】ITを取り入れた対策 お勧め3選
  8. 人工知能(AI)を活用して公共事業の入札価格を予測する新機能を3月2日に追加 ~経営管理システム「アイピア」~ 人工知能(AI)を活用して公共事業の入札価格を予測する新機能を3…

ピックアップ記事

  1. ホームページ制作
PAGE TOP