Original

【事例4選】インバウンドマーケティングとは?成功法と基礎


【目次】

 インバウンドマーケティングとは

 アウトバウンドマーケティングとの違い

 なぜインバウンドマーケティングが必要なのか

  推奨者を作るインバウンドマーケティングの方法

 インバウンドマーケティングが向いている企業は?

  購入までの検討時期が長く、購入を即決できない商品・サービスを扱う企業

  他社が持っていない独特な商品・サービスを扱う企業

 インバウンドマーケティングの事例

  コンテンツマーケティングを活用した集客事例

  SNS(Facebook、Twitterなど)を活用した事例

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、一言で言えば「顧客から能動的に来訪してもらう方法」です。


インターネットの発達によって、誰でもどんな情報でも調べられるようになりました。欲しい商品があれば用意されたサイトまで行って詳細を確認しにいくことができますし、気になるサービスがあれば、そのサービスを利用したことのある顧客の書くブログを見に行って使用感を調べることが可能ですよね。


このように、顧客が欲しい情報は顧客自身が能動的に手に入れられるようになったのです。そして、企業は顧客が興味を引くであろう情報をウェブサイト、ブログ、広告など様々なコンテンツを通じて提供し、顧客とのつながりを作るマーケティング手法がインバウンドマーケティングです。


アウトバウンドマーケティングとの違い

アウントバウンドマーケティングはインバウンドマーケティングの対比として名前を挙げられる手法で、「従来の方法」と紹介されるケースの多いマーケティング手法です。


インバウンドマーケティングとは対照的で、「企業のほうから顧客にアプローチをかける方法」です。


従来、顧客が自分から情報を集めることが難しかった時代には企業のほうから顧客に積極的に情報提供するしかありませんでした。新聞広告やダイレクトメール、テレアポなどです。現在も商材や使い時によって有効に働くこともありますが、多くの場合アウトバウンドマーケティングは非効率です。


顧客にとっても、必ずしもほしくない情報を送り手(企業)の都合で見せられる事も多く、送り手の企業が顧客から嫌われるケースが発生していました。顧客が自分で情報を仕入れられるようになった現在では尚更です。


なぜインバウンドマーケティングが必要なのか

先ほどお伝えしたように、時代背景としてインバウンドマーケティングが求められているという現状があります。それ以外に、「潜在顧客を推奨者にする」ということもインバウンドマーケティングの大きな目的です。


推奨者を作るインバウンドマーケティングの方法

インバウンドマーケティングを考案した米国ハブスポット社は、インバウンドマーケティングを「未来の顧客を見つけられる方法」と定義し、以下のようなアクションを分類しています。



インバウンドマーケティングを考案したハブスポット社が考案する4つのアクション段階


引用:24-7社


ハブスポット社は顧客へのアクションを4つの段階に分類しています。


  1. 検索エンジンなどからサイトやブログに訪問してもらう
  2. PDF化した文書のダウンロードや問合せフォームへの入力を通じて、プロフィールやメールアドレスを提供してもらい、「リード(見込み客)」になってもらう
  3. それぞれのリードにマッチするメルマガやコンテンツの提供を通じて企業や商品、サービスを理解してもらい、購入してもらう
  4. 満足度が高まり、友人に商品やサービスを推薦してくれたり、ブログで紹介してくれたりする「推奨者」になってもらう


顧客と企業が密接な関係を築くことで企業の成長を図るという意味では、エンゲージメントの構築にも近いかもしれません。


関連記事:

 エンゲージメントとは?新規顧客をお得意様にする方法

 エンゲージメント率とは?上得意客を作るためのSNS活用法!



インバウンドマーケティングが向いている企業は?

購入までの検討時期が長く、購入を即決できない商品・サービスを扱う企業

購入までの検討時期が長くなる商品・サービスは、高価であったり超的な利用が想定されていたりして、顧客が購入の決断に慎重になっています。


そんな時、顧客は必ずメディアを活用します。競合他社と合わせて複数検討していたり、ブログなどを見て使用感の善し悪しやその企業を信用していいかどうかを長い目で見定めています。企業が発信しているコンテンツを通じて、顧客を信用させるためにはインバウンドマーケティングを活用する必要があります。


他社が持っていない独特な商品・サービスを扱う企業

独自性の高い商品・サービスは、それだけでコンテンツとして強い存在感を発揮できます。その商品がなぜ開発されたのか、開発者やスタッフの想い、独自の技術など、ユニークな話題を通じて顧客の興味・関心をそそる事ができます。企業の想いを顧客が汲み取ってくれれば、他社よりも容易に推奨者を作り出すことができます。


インバウンドマーケティングの事例

コンテンツマーケティングを活用した集客事例

インバウンドマーケティングを行うための手法に「コンテンツマーケティング」があります。顧客がまだ自社を認識していない時期に、ブログやウェブサイトなど様々なコンテンツを用いて見込み客にしていくための手法です。


【成功事例】freee株式会社

インバウンドマーケティング事例として、コンテンツマーケティングを成功させているfreee株式会社

動画やスライドによる製品解説のほか、導入事例の紹介ページ、スタッフブログ、代表者ブログなどのコンテンツを配信。TwitterやFacebook、公式YoutubeチャンネルなどのSNSも積極的に利用中。単なる商品紹介に留まらず、潜在顧客やリードを惹きつけることに成功。2013年のリリース以降、すでに30万以上の事業所でシステムが導入されています。


【成功事例】アイリスオーヤマ

インバウンドマーケティングの事例として、コンテンツマーケティングを活用したアイリスオーヤマ


主婦向け情報サイト「アイリス暮らし便利ナビ」を開設し、レシピや家事に関する情報を提供。企業による情報提供だけでなく、ブロガーによる連載記事やサイト会員からのクチコミ情報投稿など、ユーザー参加型のコンテンツを配信。ECサイト「アイリスプラザ」への誘導で契約数を伸ばしています。


【成功事例】Birch Box

インバウンドマーケティングの事例として、コンテンツマーケティングを活用したBirch Box社


海外のベンチャー企業であるBirch Boxは、創業当初からブログを運営。1日3本ペースで記事を投稿し、美容品やコスメを販売する企業ですが商品紹介は行わず、肌ケアや化粧品の選び方などユーザーの困りごとを解消することを記事にしました。結果、創業2年で会員数10万人を突破し、売上は7億円を達成しています。


【成功事例】キリン株式会社

インバウンドマーケティング事例のキリン株式会社


キリン株式会社は、「キリンレシピノート」というコンテンツを通じてインバウンドマーケティングを試みています。キリンレシピノートには、キリン社が販売するビールや紅茶などに「よく合う食べ物」やそのレシピが紹介されており、キリン社の商品そのものの宣伝などはほとんど行われていません。


キリンレシピノート自体に毎月20万~30万のアクセスがあるので、そこから商品情報に流入するケースもありますが、キリンレシピノートを通じてファンを増やし店頭での販売数を増やすことが目的になっています。


SNS(Facebook、Twitterなど)を活用した事例

顧客との関係性を作り出し、見込み客を「ファン」にしていく手法としてSNSが活用されるケースは多くあります。FacebookやTwitterはもちろんのこと、Instagramもかなり定番になってきました。SNSは企業の「企業色」を薄れさせ、見ている人と近しい「個人」の印象を与えやすいことからも、利用する企業は多いようです。


【成功事例】土屋鞄製造所

インバウンドマーケティングの事例として挙げられる土屋鞄製造所のホームページ


土屋鞄製造所は、ブログをつくるとともにFacebookページを開設。写真での商品紹介、革製品の使い方提案などのブログ記事を掲載している公式サイトと連動させた他、つぶやき投稿をした結果、公開初年に28万人以上のファンを集め、公式ホームページへの流入を数多く生み出しています。


まとめ

インバウンドマーケティングが流行する背景には、競合の増加や顧客の減少による「ただ売るだけで良い時代」の終わりがあるのかもしれません。自社の強みを理解し、それが誰のファンになりえるのかをしっかり分析してインバンドマーケティングを行いましょう!


関連記事


BtoB業界の王道、アカウントベースドマーケティング(ABM)とは?

USJ復活のマーケティング!森岡氏の仕掛けた5つの施策とは?

炎上マーケティングでの成功手法を紹介!【失敗すれば危険】

BtoBマーケティングとは?担当者が最初に知るべき基本と特徴


アイピア 取締役 T

アイピア 取締役 T

株式会社アイピア 取締役。 某高等教育機関での勤務を経て、システム会社に勤務。 営業担当、マーケティング業務を経て独立。 現在は独自のマーケティング理論を武器に、コンサルティング業務を中心に活動中。 趣味は音楽。 学生時代から続けているバンドで、年に数回公演の機会を持っている。

マーケティングは正確なデータ収集から始まる

マーケティング分析 ツール ERP
あらゆる自社情報を一元管理することで
マーケティングを支援

・データ収集に手間がかかっている
・マーケティング分析をしたいが具体的に何をしたらいいのかわからない。
・AIを使って膨大な情報分析を自動化
マーケティング分析機能が充実している
ERPはアイピアだけ!
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク
人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧

この内容で送信します。よろしいですか?