Original

マーケティング検定とは?難易度と試験対策を紹介!

マーケティングという言葉が注目されるようになって、日本国内でも様々なマーケティング関連の検定が登場してきました。

今回はその中でも2017年に誕生したばかりの「マーケティング検定」をご紹介します。

 

最新かつ最も基本的な知識を学べる資格として、これからマーケティングを知っていきたいすべての方におすすめできる資格です。

 

【目次】

 マーケティング検定とは

 どんな方が受験するのにオススメ?

  ・学生・社会人問わず、マーケティングの基本を最初から学びたい方

  ・断片的なマーケティング知識を体系化したい方

  ・(補足)さらに深く学びたい方向けの教育研修もあります。

 WEB上からの受験申込で、随時試験が受けられる

 パソコンを用いた選択式問題

 難易度

  ・3級は参考書を理解して対応する!

  ・今後実施される2級、1級の動向は?

 まとめ

 

マーケティング検定とは

マーケティング検定

マーケティング検定は2017年10月に誕生したばかりの新しい資格です。

現在は基本情報を取り扱う3級のみを実施しており、2018年以降に2級、1級の実施予定です。

 

同じような領域をカバーする資格に、マーケティング・ビジネス実務検定があります。

現時点でどちらを受験すべきかという点では、受験者の声などが聴ける点からも対策のしやすさがあるマーケティング・ビジネス実務検定に軍配が上がりそうです。

 参考:マーケティング・ビジネス実務検定 合格のための対策・資格の価値は?|        

    AIPPEAR.NET(アイピアネット)

とはいえ、運営団体である日本マーケティング協会(JMA)は1957年の創立以来、日本のマーケティング普及に貢献してきた団体です。

マーケティングの基本を学ぶ相手としてこれ以上相応しい相手がいないのも確かです

 

余談ですが、ホームページを確認すると「内閣府認定」というキーワードが散見されます。

これはNPO法人や公益社団法人などが事業や税金控除の認定を受ける際に、主たる事業所が1つなら県、複数なら内閣府から認定を受けるという仕組みから内閣府の認定を受けているというものです。

「内閣府認定」という言葉そのものに国家資格に近しいだとか、社会的価値が高い資格だとかを担保するような意味は一切無いということは理解しておくといいかもしれません。

どんな方が受験するのにオススメ?

マーケティング検定は、今後実施予定のものを含めて3つの等級があります。

  レベル・対象者 合格点

料金

3級

【初級者クラス】

これからマーケティングに触れる方向け。

マーケティングの基本の習熟度を測定

正答率70%

6,480円

(税込)

2級

【中級者クラス】

社会で活躍するマーケターとして認定できる実力を基準として、

マーケティングの基礎概念から応用までの理解度・習熟度を測定
 

未実施の為

詳細不明

未実施の為

詳細不明

1級

【上級者クラス】

他企業からスカウトされるマーケティング・リーダーを基準として、

マーケティングの応用に対する実力を測定

 

学生・社会人問わず、マーケティングの基本を最初から学びたい方

2017年現在受験できるのは3級のみです。

3級はマーケティングの基礎を幅広い領域で身につけることが目的となっており、マーケティングに初めて触れる、これから学んでいきたいという意欲のある方ならどなたでも受験できるハードルの低さが売りです。

逆に、それ以外の方にとっては少々物足りなさを感じるかもしれません。2018年以降に実施予定の2級、1級に期待しましょう。

 

断片的なマーケティング知識を体系化したい方

最近はWEBやテレビ、書籍など様々な場面でマーケティング知識を得ることができます。

「○○マーケティング手法」「売り込まない営業」「プル型マーケティング」など魅力的なキーワードですよね。

ところが、これらはマーケティング知識を一部切り取って活用しているに過ぎず、根本的な考え方を読み取ることができません。自分自身がマーケティング思考で発想するためにはどうしても基礎知識が必要になります。

マーケティング検定は、マーケティング思考での発想に重要な基礎知識を体系立てて学ぶことができる資格です。

様々な場面でマーケティング知識を断片的に学んできたけれど、「マーケティングとは何か?」と問われてもいまいちピンと来る回答ができない…という方にも向いています。

 

より深く学びたい方向けの教育研修

マーケティング検定を運営している日本マーケティング協会(JMA)は、より深くマーケティングを学びたい方のための教育研修を実施しています

資格受験以上に期間や金額がかかるハードなものですが、より深い学びを得たい方にはおすすめできる研修です。

 

日本マーケティング協会の教育研修については、下記よりJMAマーケティング・ベーシックコース/マスターコースをご覧ください。

参考:【2017年版】マーケティング担当者の必須資格一覧13選|AIPPEAR.NET(アイピアネット)

 

WEB上からの受験申込で、随時試験が受けられる

日本マーケティング協会のホームページを通じて受験申込をすることが可能です。試験は随時行っているうえ、全国のテストセンターのうち最寄りの会場を指定してくれるため、比較的気軽に参加できるでしょう。

 

パソコンを用いた選択式問題

試験会場では、パソコンを用いた選択式問題に解答します。

表示された設問に対して、適切な選択肢を選んでいく形式です。

 

 

 

 

 

また合否結果が受験直後に発表されるうえ、正誤率に合わせた振り返りシートが出力されるため、自分自身の理解度チェックを行う指標としても使えます。

 

今後実施予定の2級では筆記試験、1級では面接試験も行われる予定です。

 

難易度

3級は参考書を理解して対応する!

現在実施中のマーケティング検定3級は、以下の10項目から出題されます。

どの項目も参考書を開けば必ず乗っている基本的な知識です。キーワードの暗記などを通じてケアレスミスの無い対策すれば問題なく合格できるでしょう。

 

参考書は日本マーケティング協会がAmazonから販売しています。

項目名 関連するキーワード
基本概念

 マーケティングとは何か?基本的な考え方、役割、概念について

市場環境

 企業を取り巻く内部環境、外部環境の分析、3C分析など

マーケティング戦略

 PPM、競争戦略などマーケティングの基本戦略について

マーケティングリサーチ

 マーケティングリサーチのプロセス、調査方法など

消費者行動

 消費者の購買意思決定プロセスや意思決定要因など

製品戦略

 消費財と生産財の比較、差別化戦略やブランディングなど

価格戦略

 価格戦略目標、価格弾力性など

コミュニケーション戦略

 コミュニケーションポリシーや目標の設定、コミュニケーションミックスなど

チャネル戦略

 流通チャネル、チャネルコントロールなど

サービス・マーケティング

 無形商材へのマーケティングなど

 

今後実施される2級、1級の動向は?

詳細は不明ですが、2級は2018年春、1級は2019年春以降に実施予定とのことで、

2級には筆記試験、1級には筆記試験+面接試験が追加される予定です。

 

まとめ

マーケティング検定は発足して間もないこともありまだまだ未熟な資格試験です。

とはいえ、日本マーケティング協会という歴史ある団体が運営していることもあり、

今後のマーケティング界を担う資格試験になることは間違いありません。

今のうちに受験して、今後に備えるのも良いのではないでしょうか。

アイピア 取締役 T

アイピア 取締役 T

株式会社アイピア 取締役。 某高等教育機関での勤務を経て、システム会社に勤務。 営業担当、マーケティング業務を経て独立。 現在は独自のマーケティング理論を武器に、コンサルティング業務を中心に活動中。

勝ち残りたい経営者に贈る!成長企業が取り組んでいる

基礎的フレームワーク集【基本編】

【本書を読むと出来るようになること】
 ● 目的に応じた
論理思考が身につく
 ● 自社の経営分析がスムーズに行える
 ● 検討すべき
課題を論理的に解決できる
 ● マーケティング思考の
基礎が身につく
この小冊子1つで、マーケティングや事業分析の基本であるフレームワークが目的に沿ったフレームワークを簡単に選べて、何に注意して活用すればいいかが一目で分かります。
経営分析やマーケティングが自在にできる第1歩を踏み出せる一冊です。
フレームワークのダウンロード
経営戦略 フレームワーク
マーケティング分析 フレームワーク

人気記事ランキング

カテゴリ

タグ一覧