Original

​オフィスでのアルコール解禁でコミュニケーション促進!

ヴァンテージマネジメント株式会社では、19時以降になるとオフィス内での飲酒が可能になります。

ヴァンテージマネジメントでは、「groovy (創発し合い)」「speedy (即!)」「fair (公正に)」「bold(大胆に)」「fun(おもしろおかしく)」という5つの組織運営方針を掲げていますが、アルコール解禁の背景には「groovy (創発し合い)」や「fun(おもしろおかしく)」が大きく関係しています。 

緊張感の漂う張り詰めた空気のオフィスでは集中力も続かず業務の効率が落ちてしまったり、楽しさもなくなってしまうため、19:00以降はアルコールを解禁し、メンバー間のコミュニケーションの促進やリフレッシュにより新しいアイディアを生み出すなどの効果を期待して出来た制度です。

 

オフィス アルコール

 

実際にオフィスでアルコールを楽しんだメンバーからは、


『アルコールをちょっと身体に入れてからだと気合が入る』
 

『集中力が低下してくる夕方のタイミングでリフレッシュしてから作業に戻れるのが自分のスタイルに合っていて良い』
 

『ほろ酔いかなぐらいの状態でノリノリの音楽を聴きながら作業すると集中力が高まる』
 

『日中外出が多く夕方からのミーティングも多いが、オフィスで少し飲みながらのミーティングは、リラックスも出来るからか意見が出るし盛り上がる』
 

『アルコールが入ると頭の回転が早くなり、楽しく仕事ができて仕事の効率も上がる』


などの声もあり、多くのメンバーが制度を活用しています。

ヴァンテージマネジメントでは、「ビジネスも遊びも大胆にスピーディーに実行し、成果にこだわるメンバー」たちが刺激しあいながら、遊び心を持って働ける制度や環境を社員全員で創り上げていきます。

アイピア 代表取締役 Q

アイピア 代表取締役 Q

株式会社アイピア 代表取締役。 自社開発・販売を行うIT企業に10年ほど勤務。 様々な経営者に直接悩みを伺い、解決方法としてシステムを提案する営業担当、 マーケティング担当などを経て経営幹部も経験。 ビジョンや中長期経営計画の策定などにも従事。 現在は、それらの経験を経て独立。 趣味は野球、ロードバイク。

マーケティングは正確なデータ収集から始まる

マーケティング分析 ツール ERP
あらゆる自社情報を一元管理することで
マーケティングを支援

・データ収集に手間がかかっている
・マーケティング分析をしたいが具体的に何をしたらいいのかわからない。
・AIを使って膨大な情報分析を自動化
マーケティング分析機能が充実している
ERPはアイピアだけ!
経営戦略 フレームワーク
マーケテイング フレームワーク
人気記事ランキング
カテゴリ
タグ一覧